« 王家の紋章 | トップページ | 2017年は144本 ワーク&バランス絶好調 »

2017年4月28日 (金)

フェードル

2017/4/28(金) パンフ1500円




20170428


おしゃれで渋い表紙です。壁紙のような花の絵柄の背景にギリシャ語(?)フランス語(?)でPHEDERとタイトルがあるのみ。ページをめくるとチラシ同様に大竹しのぶの写真です。


キャスト紹介やギリシャ神話や作品の背景、大竹、平、門脇の対談など。




感想


圧倒的な台詞量で、心情や背景のみならず風景まで見せてしまう実力のあるキャスト。舞台転換なしですべてのシーンを見せてしまうので、その場が広間なのか、誰かの部屋なのか、なぜみんなそこに来て出ていくのか不思議でもあるが、野外劇が一般的なギリシャ悲劇らしい。






今月は世田谷パブリックシアターの『エレクトラ』と本作品『フェードル』とギリシャ悲劇を2本観て、改めて3000年前の話を今観ることができることの凄さと、変わらない人間の姿の普遍性を感じる。ラシーヌの本作にしても1677年初演で、300年以上前の作品。昨年はアテネに旅行したのでちょっとした親近感もある。






オープニングは波の音。ギリシャのペロポンネソス半島のトレゼーヌが舞台なので、海の近くのイメージ。しかし、舞台に照明が入るとすぐにイッポリット(平岳大)と従者のテラメーヌ(谷田歩)の長い台詞の応酬で、どうやらイッポリットはいい人らしいことがわかる。囚われの身の敵国の人質アリシー(門脇麦)に恋しているのだが、義理の母フェードル(大竹しのぶ)は、夫テゼ(今井清隆)の不在時に夫の面影のあるイッポリットへの愛を抑えきれない。夫の訃報が来るやいなやイッポリットへ愛を告げるが、イッポリットは、テラメーヌへの想いにフェードルを跳ねのける。フェードルは何とかイッポリットを振り向かせようと乳母のエノーヌ(キムラ緑子)と画策するが、テゼが生還し…。




平岳大は今までのどの芝居とも違い、すっきりした台詞回しで好感を持った。従者の谷田歩との関係もあまり家来っぽさが出すぎてないので、清々しい。


大竹しのぶのタイトルロール、フェードルは、物語が進むほどに引き込まれる。門脇麦の凛とした姿、そしてラストシーンでイッポリットの死体を引きずり抱きしめる芝居に心打たれる。


キムラ緑子のエノーヌは、フェードルに振り回されかわいそうだが、もっと悪者に描かれることもあるらしい。確かに人を陥れようとしているのだが、フェードルへの献身的な愛が裏切られた感じがする。テゼは今井清隆で、登場シーンから素晴らしい良い声が響き、王の威厳を感じさせるとても良いキャスティング。8人誰もがよい芝居をしていた。満足。






2017/4/8(土)~30(日) シアターコクーン20170428time




作:ジャン・ラシーヌ 翻訳:岩切正一郎 演出:栗山民也


"\○/"


|

« 王家の紋章 | トップページ | 2017年は144本 ワーク&バランス絶好調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王家の紋章 | トップページ | 2017年は144本 ワーク&バランス絶好調 »