« 2017年2月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年4月

2017年4月28日 (金)

フェードル

2017/4/28(金) パンフ1500円




20170428


おしゃれで渋い表紙です。壁紙のような花の絵柄の背景にギリシャ語(?)フランス語(?)でPHEDERとタイトルがあるのみ。ページをめくるとチラシ同様に大竹しのぶの写真です。


キャスト紹介やギリシャ神話や作品の背景、大竹、平、門脇の対談など。




感想


圧倒的な台詞量で、心情や背景のみならず風景まで見せてしまう実力のあるキャスト。舞台転換なしですべてのシーンを見せてしまうので、その場が広間なのか、誰かの部屋なのか、なぜみんなそこに来て出ていくのか不思議でもあるが、野外劇が一般的なギリシャ悲劇らしい。






今月は世田谷パブリックシアターの『エレクトラ』と本作品『フェードル』とギリシャ悲劇を2本観て、改めて3000年前の話を今観ることができることの凄さと、変わらない人間の姿の普遍性を感じる。ラシーヌの本作にしても1677年初演で、300年以上前の作品。昨年はアテネに旅行したのでちょっとした親近感もある。






オープニングは波の音。ギリシャのペロポンネソス半島のトレゼーヌが舞台なので、海の近くのイメージ。しかし、舞台に照明が入るとすぐにイッポリット(平岳大)と従者のテラメーヌ(谷田歩)の長い台詞の応酬で、どうやらイッポリットはいい人らしいことがわかる。囚われの身の敵国の人質アリシー(門脇麦)に恋しているのだが、義理の母フェードル(大竹しのぶ)は、夫テゼ(今井清隆)の不在時に夫の面影のあるイッポリットへの愛を抑えきれない。夫の訃報が来るやいなやイッポリットへ愛を告げるが、イッポリットは、テラメーヌへの想いにフェードルを跳ねのける。フェードルは何とかイッポリットを振り向かせようと乳母のエノーヌ(キムラ緑子)と画策するが、テゼが生還し…。




平岳大は今までのどの芝居とも違い、すっきりした台詞回しで好感を持った。従者の谷田歩との関係もあまり家来っぽさが出すぎてないので、清々しい。


大竹しのぶのタイトルロール、フェードルは、物語が進むほどに引き込まれる。門脇麦の凛とした姿、そしてラストシーンでイッポリットの死体を引きずり抱きしめる芝居に心打たれる。


キムラ緑子のエノーヌは、フェードルに振り回されかわいそうだが、もっと悪者に描かれることもあるらしい。確かに人を陥れようとしているのだが、フェードルへの献身的な愛が裏切られた感じがする。テゼは今井清隆で、登場シーンから素晴らしい良い声が響き、王の威厳を感じさせるとても良いキャスティング。8人誰もがよい芝居をしていた。満足。






2017/4/8(土)~30(日) シアターコクーン20170428time




作:ジャン・ラシーヌ 翻訳:岩切正一郎 演出:栗山民也


"\○/"


| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

王家の紋章

2017/4/15(土) パンフ2000円(未購入)






昨年初演の舞台写真が入り、主要キャスト紹介写真も豪華で対談など読み物もあるパンフ。






感想


幕にナイル川面を思わせるキラキラした映像を採用。その紗幕が開くと、エジプトの大きなネックレス風の装飾品をイメージした装置のような幕があり、それも上がる。


舞台装置は、宮殿の中も建造物もエジプト文字の模様入りでエジプト感を出している。舞台袖通路の上手下手にもエジプト文字の模様入り柱。開演前や幕間には客席に水面をイメージした照明があたる。




Wキャストは新妻聖子、平方元基。


物語は、古代エジプトの遺跡発掘中に発掘企業の娘キャロルが3000年前のエジプトへタイムスリップしてしまう。時はまさにメンフィス(浦井健二)が王になったとき。


対立するヒッタイトの王イズミル(平方)の陰謀や、メンフィスの姉アイシス(濱田めぐみ)の弟への強い愛から、メンフィスとキャロルの3000年を超えた愛を巡って、現代と古代エジプトを行き来したエピソードが紡がれる。




どうも、中途半端なエンディングに感じるが、壮大な物語なので続編もありそうです。


客席は、楽しんでいる人たちの会話が飛び交い、盛り上がっていました。


浦井健二、濱田めぐみ、山口祐一郎とミュージカル界を代表したメンバーの歌と芝居を存分に楽しめます。




一つ、二つ気になるシーンがありました。


メンフィスが傷を負いサソリに刺されて瀕死の状態になったとき、キャロルは救命救急処置の心臓マッサージとマウスツーマウスで彼を救出します。その心臓マッサージなんですが、1,2,3と押して、4拍目は休んじゃうんです。これじゃ助かる人も助かりません。せっかくなので本格的に実施して観客に心臓マッサージを記憶に残したいと思います。ということで、東宝さんに進言して参ります。去年知っていればなあ。


もう一つは、キャロルの兄ライアン(伊礼彼方)がキャロルをナイル川から救い出した後病院でのナンバー。すでにキャロルは息を吹き返しているのに歌詞の出だしと合わないのです。




2017/4/15(土) 帝国劇場


原作:原作:細川智栄子あんど芙~みん「王家の紋章」(秋田書店「月刊プリンセス」連載)
脚本・作詞・演出:荻田浩一 作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ


"\○/"

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

城塞

2017/4/14(金) パンフ800円(未購入)




パンフは新国立劇場の通常タイプ。最近はWebサイトに詳細や対談が掲載されていないので、購入すれば勉強になりそう。






感想(ネタバレ)


オープニングの衝撃と、2幕の鬼気迫る父と子の対立が観ている側も力尽きるほど激しい。


戦争責任について追及しているようで、人間の自立と崩壊について書かれている戯曲だと思った。


ラストで、息子役「和彦」(山西惇)はストリッパー(松岡依都美)から背中を押されて、父親(辻萬長)と直接対決することを決意するが、その流れと、父子の対決は文字では表現できないように感じた。理解するより感じたという感覚で、芝居の醍醐味を味わえる作品となっています。






































オープニングは息子役和彦の絞首刑。エリザベートのルッキーニのシーンと重なるが、回想に繋がるのではなく、17年後の今に繋がっている。






2017/4/13(木)~4/30(日) 新国立劇場(小劇場)


作:阿部公房 演出:上村聡史


出演:山西 惇 椿 真由美 松岡依都美 たかお鷹 辻 萬長


"\○/"


| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

この兄の弟 贋作アントンチェーホフ傳

2017/4/9(日) パンフ500円

より深くその人柄を偲ぶことができるパンフ。何故チェーホフか、どの辺りがチェーホフか、など寄稿から読み取れます。芝居の前でも後でもオッケー。キャスト紹介も見逃せません。

前半はコミカル、終盤はしんみりと贅沢な内容です。赤シャツやフユヒコなどマキノノゾミ作品の暖かさと言葉の選び方は秀逸。宮田さんとのコンビも確かで良い芝居でした。

2017/4/7(金)~4/16(日)紀伊国屋ホール


脚本:マキノノゾミ 演出:宮田恵子



| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2018年1月 »