« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年6月

JERSEY BOYS (ジャージーボーイズ)

2015/6/26(金) 1500円

Dscn0163 Can't take my eyes off youを聞いた途端に盛り上がって帰りにパンフを買ってしまいました。フォーシーズンズのオリジナルメンバー役の対談インタビューや、フォーシーズンズのことなど、盛りだくさんなのは嬉しいです。

感想Img_0220
来日公演。10年もロングランしているのに未見なので出かけました。字幕付きでしたが、字幕を追っていると舞台が分からなくなるので、海外での観劇と同じ状態でした(苦笑)。

The Four Seasonsの物語。自伝的なカタログミュージカル作品です。
一幕はトミー中心、二幕はフランキー中心に物語が進みます。更にニック、ボブの視点も見えてきて、再結成の時期から一気に盛り上がってフィナーレに進みます。
トミーの人間関係が綺麗なものではありませんでしたが、アメリカの一つの時代だったのだと思えば、西部劇のように過去のこととして楽しめます。

The Four Seasonsは、もちろん現役時代を知りませんし、曲も数曲聞いたことがある程度ですが、アレンジと振付が心地よく、どんどんグループの存在感が増してまるで昔から知っているように錯覚してきます。その理由には34曲ものナンバーがあるのにきっちり伝わってくる物語があり、芝居としての奥深さがある為だと思いました。
フランキーが初めてソロで歌うCan't take my eyes off youは、客席も一番盛り上がりました。個人的にも野口五郎もコンサートで歌っていた曲ですのでグッと来るものがありました。60年代の曲なのですね。良い歌です。

フィナーレは客席もオールスタンディングで盛り上がりました。楽しかった。

2015/6/25(木)~7/5(日) シアターオーブImg_0216
脚本:マーシャル・ブリックマン リック・エリス 作曲:ボブ・ゴーディオ
演出:デス・マカナ 振付:セルジオ・トルヒーヨ
音楽監督、ヴォーカル/ダンス・アレンジメント、付随音楽:ロン・メルローズ
プロダクション・スーパーバイザー:リチャード・へスター
″\○/゛

| | コメント (0)
|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »