« アンダーグラウンドワンダーランド | トップページ | エッグ »

ダディ・ロング・レッグズ (Daddy Long Legs)

2012/9/11(火) 1500円

Img_5026シンプルな木の色の表紙に、モチーフのタイトルがちょこんと乗ります。
中身もシンプルで、作者の言葉とキャストの紹介と、足ながおじさん原作の紹介。そして、演出家とキャストの対談もあります。萩尾瞳の二人芝居の魅力には、知った芝居がたくさん書かれていて(ヒュー様のステディレインもあり! しかしそういう話だったのか...)、見逃した芝居もあるのが悔しい(苦笑)です。衣装とセットも落ち着いていながら魅力的なので紹介があるのは嬉しいです。

感想
こんなにストレートに感動させてもらって良いのでしょうか。
この日の体調と感情が絶妙に舞台にマッチしていたのではないかと思うほど、楽しみ、感動してしまいました。

孤児ジルーシャへ大学の奨学金が与えられ、彼女はスミス氏と名乗る謎の理事へ毎月手紙を書く。彼女は彼を「足ながおじさん」と呼びます。そして卒業したジルーシャは足ながおじさんの本当の姿を知るわけですが。

こんなにロマンチックな話しではなかったと記憶しています。それは私が子供だったせいかもしれませんし、脚色のお陰かもしれません。どちらにしても、少女から女性へ成長するジルーシャの姿は好感度大です。

ミュージカルナンバーはリプライズも含めて30曲。井上芳雄も坂本真綾も実力派でどの曲も堪能しました。
音楽は軽快な中にも、不安定な音を組み込んでいるところが、印象的でした。
6名の生オケでピアノは林アキラさん。

2012/9/2(日)~9/19(水) シアタークリエImg_5025
原作:ジーン・ウェブスター 音楽・作詞・作曲:ポール・ゴードン 編曲:ブラッド・ハーグ 翻訳・訳詞:今井麻緒子
脚本・演出:ジョン・ケアード
″\○/゛

|
|

« アンダーグラウンドワンダーランド | トップページ | エッグ »

パンフレットと舞台感想」カテゴリの記事

コメント

どうも、ガラスの仮面の速水さんとマヤに被ります。
キャンディキャンディという人もいるし、こういった物語は日本の乙女に人気があるのですね。

投稿: ″\○/゛ | 2012年9月12日 (水) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンダーグラウンドワンダーランド | トップページ | エッグ »