« 蒲田行進曲(妖乱バージョン) | トップページ | 炎の人 »

アイ・ラブ・坊ちゃん2011

2011/10/30(日) 0円(全員配布)

Dscn9780 ワームホールプロジェクトの音楽座ミュージカルパンフは、全員への配布が続いています。フリーペーパーのような記事構成で、劇場で販売されている多くのパンフレットとは趣が違います。広告を多く入れたり、ご当地(今回は坊ちゃん縁の道後温泉への旅)にまつわる企画など、ちょっとした雑誌のようです。しかしながら、漱石について、明治の背景もしっかりはいっており、パンフレットとしても十分な一冊です。

感想
坊ちゃんに関する芝居は比較的多いのか、本は読んだことがないのに全て知っているような気になります。この音楽座ミュージカルは2000年に観たときに、ラストシーンの汽車が印象に残っていました。坊ちゃんと当時の漱石の姿を入れ込む構成は忘れてしまっていました。多分他の芝居を観ているうちに忘れてしまったのでしょう。観ているうちにキャッチボールのシーンなど思い出し、フィナーレに向けてわくわく感がつのりました。

この作品は赤シャツを本物のワル悪役に書いているので(当然といえば当然)ちょっと残念ですが、それはマキノノゾミ氏の『赤シャツ』贔屓の為だとImg_2651思います。

2011/10/29(土)~11/6(日) 青山劇場
作:横山由一 ワームホールプロジェクト
演出:ワームホールプロジェクト
″\○/゛

|

« 蒲田行進曲(妖乱バージョン) | トップページ | 炎の人 »

パンフレットと舞台感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒲田行進曲(妖乱バージョン) | トップページ | 炎の人 »